2輪車用ホイール6分計測装置

2輪車用ホイール6分力計測装置ROLSmc(Rotating Load Sensor for motorcycles )は
走行中のホイールにかかるXYZ荷重をリアルタイムに計測し、2輪車特有の運動性能を
高精度に解析。タイヤ開発に於いてもタイヤ性能比較等の解析が可能です。

製品の特長

走行中にホーイルにかかる6つの力を分析、高分解能で計測

回転中のホイールにかかるX,Y,Z方向の荷重、及びその方向軸の回転荷重と合計6つの荷重を、ホイールに内蔵された特殊な歪ゲージ及び特別な電子回路により、リアルタイムに16ビットの分解能で出力します。

特長2

コンパクト軽量設計、省電力設計

使用されている材料は航空機にも使用されている、高強度チタニウムやカーボンファイバーを使用し、軽量コンパクトに設計され、特別に設計内臓されたコンパクトなハブ電子回路の消費電流は0.3Aの省電力設計です。

特長3

簡単な接続で最高の安定性を実現

ホイールからの配線は1本のみで、CANバスインターフェイスにより、内臓のハブ電子回路から直接同期のとれた出力信号が得られます。また、回転体からの信号は摩耗しない特殊なリムリングでカップリングされ、長期的な安定性を実現しています。

製品概要

6分力を測定する5個の3軸歪ゲージは、回転側に配置されます。 これらのゲージがホイールフォース測定の為の基本的な信号を出力します。 データは直接ホイールハブ内に保存され、デジタル処理されます。 各信号は、測定値を非回転系へ変換する高性能DSPによってチャンネル毎に1MHzでサンプリングされます。 システムの設定及びデータ出力はシリアルCANインターフェースを経由して行われます。

FEM(有限要素法)計算を駆使して歪ゲージにとって最適な位置を決定します。
高圧キャビン内で歪ゲージのテストを実施しています。これは全工程を通してホコリからの影響を排除し、クリーン度を確実にする為です。

製品仕様

測定仕様

測定チャンネル 測定範囲 リニアリティー誤差 クロストーク
Fx 10kN 1%以下 1%以下
Fy 2kN 1%以下 1%以下
Fz 10kN 1%以下 1%以下
Mx 600Nm 2%以下 1%以下
My 2000Nm 1%以下 1%以下
Mz 600Nm 2%以下 1%以下
回転角度 360°/4096 0.1%以下 -

温度ドリフト:0.02% FS/℃

最大定格

最大負荷 Fx ,Fz 10kN
最大負荷 Fy 2kN
最大負荷 Mx, Mz 600Nm
最大負荷 My 2000Nm
静的過剰負荷*1 50%
加速度 最大50g
走行速度 最高250 km/h
重量*2 8.6kg
*1
組合わされた負荷の無い状態
*2
タイヤ重量含まず

電気仕様

アナログフィルター 1極バターワース カットオフ:160kHz
A/Dコンバーター SAR 16ビット
サンプリングレート 1MS/sec
出力フォーマット CAN 2.0B 16ビット/CH
出力レート 1kHz
出力チャンネル Fx/Fy/Fz/Mx/My/Mz/Ang/Asp
信号処理 DSP
供給電圧 9~18V
消費電流 約 0.3A@12V
温度範囲 -20℃ ~ +80℃

DSPの機能
サンプリング制御、デジタルフィルター、入力チャンネルの校正、ホイールフォースの計算、座標変換、出力フォーマット、CAN経由の全ての機能の制御

出力サンプル

スラローム波形データー


画像を拡大する

ブレーキ波形データー


画像を拡大する

製品に関するお問い合わせ

03-3382-5831 mailto:

製品やご購入に関する事や、ご質問、資料請求などお気軽にお問い合わせください。

AIM-Messtechnik社について

AIM社は荷重及びモーメントの測定分野における特殊なセンサー及び システムを設計製造しています。 お客様の仕様に応じて設計を行いプロトタイプの設計製作や歪ゲージの用途開発、及びシステムの校正等を行います。

H.-D RUDOLPH GmbH

トピックス

2017/12/25
12/28(木)~1/4(木)を年末年始休業期間とさせていただきます。
1月5日より通常営業となります。
2016/2/14
光学式変位振動測定装置に動画を追加しました。
2016/12/27
12/29~1/4を年末年始休業期間とさせていただきます。
2016/07/28
MODEL ZS128の製品情報を追加しました。

ページTOPへ